就活生「オンシャ…オンシャ…」

僕「お、捨て就活生だ。可哀想に…」

就活生「オンシャアア~…」スリスリ

僕「よしよしウチで飼ってあげようね」

就活「はい!私は家庭教師のアルバイトをしておりまして、最近の子供は本を読まないことが」

僕「こらこら、はしゃぐなはしゃぐなww」

祖母(73歳)に、こんだけTVで「老人は熱中症対策をしてください」ってお知らせしてるのに、なんでクーラーをつけずに死ぬ高齢者がいるんだろうねって聞いたら「お前には老人が老人に見えるだろうが、老人は自分を老人だと思ってないから。実際、あたしは気持ち的には40代」って言われた。
(via hutaba)
「要は勇気が無いんでしょう?」で逃げ道を塞ぎ、「やってみなきゃ解らないよ」で崖まで追いやり、「自分から行動しなきゃ始まらない」で崖から突き落とし、落ちる最中に「現実を見なよ」と告げ、落ちて砕けたら「自己責任だよね」で締める最強コンボ。
学校に通っていたころ、大人になったら何になりたいかを紙に書かされた。僕は「幸せになりたい」と書いた。すると教師から、「質問の意味がわかってない」と言われた。僕は、「そういうあなたは、人生の意味がわかってないんだ」と言った。
John Lennon (via borcaro)
全体日程が立てられない人は「東京駅から北海道に向かって下さい」と言われると、羽田空港に向かうべき状況下でも、とりあえず北上できそうな山手線内回りの電車に飛び乗って『ちょっとづつですが確実に進んでいますよ』とか言う。
コミュ障がどうので辞めて行った人が、別の会社でそれなりにやっていけてるらしいのを聞いて、コミュニケーションの責任は一方だけにあるのではないというのを感じずに居られない
(via mug-g)
ちょっと手を出してみてください。
あ、いや、両手です。
計算機が無くても掛け算が出来る便利な方法があるのをご存じですか。
俗にいう『フランス式指電卓』です。
ではやってみます。
例えば“7×8=56”の場合。
左は7を表します。
御一緒に、1,2,3,4,5,6,7。
右は8を表します。
御一緒に、1,2,3,4,5,6,7,8。
ここまでよろしいですね。
次は答えです。
56。
10の位は立っている指を足します。
2+3で5ですね。
で、1の位は折れている指を掛けます。
3×2でさんにが6。
ということで、5と6で56、“7×8=56”です。
九九を忘れた方はぜひやってみてください。
では次に“8×9=72”にチャレンジ。
よろしいですか。
1,2…これ大変時間がかかります。
お好きな方は自分でやってみてください
カリカリと不満を口にする人間は、刺々しい顔になっていく。
優しい気持ちで人に接している人の顔は、慈愛がにじみ出るようになる。
狡猾な顔、正直者の顔、他人の足を引っ張る人間の顔、人助けをする顔……
人生は顔に出る。それはごまかせない。(樹林伸)